火災保険の期間を決める時に知っておきたいこと

火災保険を契約する時には、保険期間を選択することになります。

保険期間を長くすると、保険料の割引を受けられるなどのメリットがあります。ただし、若干の注意点もあります。

この記事では、火災保険の保険期間を決める際に、知っておきたいことをまとめて紹介します。

1.火災保険の契約期間は1年~10年の間で選択できる

火災保険の契約期間は1年~10年の間で選べるようになっています。

契約期間が長期化するほど保険料の割引を受けられる率が高くなります。実際、どのくらい割引が行われるかは後述します。

1-1.持ち家か賃貸かで期間の設定に違いがある

火災保険の保険期間の設定は、持ち家か賃貸かで違います。

持ち家の場合

持ち家の場合は、5年もしくは10年の長期に設定することが多く、これをおすすめします。

賃貸の場合

賃貸の場合、一般的なのは、賃貸借契約期間に合わせることです。たとえば、2年更新の賃貸マンションの場合、火災保険の保険期間も2年ごとに契約更新するのが一般的です。

ただし、賃貸の場合は、補償の対象が建物ではなく家財(家電・家具・衣類など)なので、仮に契約期間の途中で他の賃貸住宅へ引っ越したとしても、建物の耐火性能のレベル(鉄筋コンクリート造りかなど)さえ同じであれば「異動」の手続をして現在の火災保険を使い続けることができます。

1-2.以前は最長36年まで可能だった

火災保険の保険期間は、以前は最長36年まで設定することができました。これは、住宅ローンが35年で組まれることが多いのに対応したものでした。

しかし、2015年10月以降は、火災保険の保険期間は最長で10年までとなっています。

10年を超える保険期間が廃止された大きな理由は、まず、保険期間が長すぎると期間中に保険内容が建物・家財の実態とずれてしまうおそれが大きいということです。この点については今も注意が必要ですので、後で改めてお伝えします。

また、近年、自然災害が頻繁に発生するようになり、保険会社が長期的なリスクの予測をするのが難しくなったということもあります。

そのため、火災保険の期間はせいぜい10年までにしておくのが適切だということになったのです。

1-3.(参考)約半数が5年以上の長期契約を選択

それでは、世間一般では契約期間をどのように設定しているのでしょうか?以下、損害保険料率算出機構による「2018年度 火災保険・地震保険の概況」のデータを基に作成した表をご覧ください。

【契約年数ごとの火災保険の契約数】

契約年数 契約数 割合
短期(1年未満) 28,008 0.2%
1年 3,639,442 29%
2年 2,559,839 20%
3年 427,277 3%
4年 12,945 0.1%
5年 5,086,086 40%
6年 16,153 0.1%
7年 1,735 0.1%未満
8年 744 0.1%未満
9年 514 0.1%未満
10年 893,833 7.0%
その他 66,134 0.5%
合 計 12,732,710  -

最も多いのは5年契約(40%)で、次いで1年契約(29%)、2年契約(20%)、10年契約(7%)と続きます。半数近くが保険期間を5年以上として契約していることになります。

なお、持ち家の場合は、5年以上の長期契約をしている世帯の割合がさらに大きくなると考えられます。なぜなら、2年契約が多いのは、賃貸住宅の契約期間が多くは2年だからだと推察されるからです。

2.火災保険の保険期間を長期化するメリットと注意点

このように、多くの方が、火災保険の保険期間を長期に設定しています。そこで、火災保険の保険期間を長期に設定することのメリットと注意点をまとめます。

【長期契約のメリット・注意点】

メリット 注意点
・保険料が大幅に割引になる ・補償内容の見直しを適切に行う必要がある

2-1.長期契約のメリット|保険料が大幅に割引になる

長期契約の最も大きなメリットは、保険料の割引率が大きくなることです。

実際にどのくらいの割引となるか、見てみましょう。

契約
年数
2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
割引率 7.13% 9.58% 12.09% 13.60% 14.56% 15.29% 15.83% 16.82% 17.59%

※保険会社・保険商品によっては長期契約できないことや、長期契約できる年数が異なる場合があります。

ご覧のとおり、5年契約で13.6%、10年契約で17.59%と、保険期間が長いほど割引率が高くなります。

1年契約・5年契約・10年契約の3パターンで、それぞれどのくらいの保険料の差が出るのか、比較してみましょう。なお、1年契約の場合の保険料を20,000円/年と想定します。

【1年契約・5年契約・10年契約の保険料比較例】

1年契約 5年契約 10年契約
最初に支払う保険料 20,000円 86,400円 164,820円
5年間で支払う保険料 100,000円 86,400円
10年間で支払う保険料 200,0000円 172,800円 164,820円
10年間で割り引かれた保険料の総額 27,200円 35,180円

5年契約・10年契約いずれも数万円単位の割引が実現されています。一括で保険料を支払える余裕がないということでない限り、長期契約にすることをおすすめします。

なお、「長期年払」という方法もあります。これは契約期間を長期にして、保険料を1年ずつ分けて払っていくものです。

2-2.長期契約の注意点|補償内容の見直しを適切に行う必要がある

長期契約の注意点は、契約期間中に、必要な補償内容が変わっていく可能性があることです。先にお伝えしたように、契約期間が長期になればなるほど、火災保険の契約内容と本当に必要な補償内容とがずれていくおそれがあります。

この問題は、保険期間の最長が10年とされたことによって大幅に改善されましたが、10年でもそれなりに長い期間ですので、依然として注意が必要です。特に、家財については、ライフスタイルに応じて変動しやすいので、要注意です。

以下、家財と建物とに分けて説明します。

家財の補償内容の見直しの必要性

まず、家財(家具・家電製品・衣類・寝具など)についてみると、家財の保険金額は、火災保険加入時に、「今ある家財を買い直したり修理したりするのにいくらかかるか」ということで決定します(詳しくは「火災保険の家財の保険金額(評価額)とは?いくらにすべき?」をご覧ください)。

子どもが生まれたり、ライフスタイルが変化したりすることによって、家財の量が大きく変わることが想定されます。

なので、補償内容の見直しを適切に行う必要があります。毎年、保険会社から補償内容を書いた書面が送られてくるので、一応、その都度確認しておくことをおすすめします。

建物の補償内容の見直しの必要性

次に、建物について見ると、建物の保険金額は、火災保険契約時点で「その建物を新たに再建するにはいくら必要か」を決定します(詳しくは「火災保険の建物評価額とは?損害を確実にカバーするのに不可欠なこと」をご覧ください)

しかし、建物の建設費は常に一定ではありません。建築資材の高騰などで高くなることもありますし、逆に下落することもあります。

もし資材の価格が高騰していれば、万一の場合に受け取れる保険金額が建物を再建するのに足りなくなるおそれがあるので、保険金額を高く設定し直す必要が出てきます。

逆に、資材の価格が下落していれば、保険金額が過大になっている可能性があります。その場合、保険金額を下げて保険料を抑える必要が出てきます。

10年という期間でそこまでの極端な騰落が起こることはまれかもしれませんが、可能性は決してゼロではありません。一応、毎年確認しておくことをおすすめします。

3.契約期間の途中で解約してもお金が戻ってくる

長期契約をするにあたって心配なのは、契約期間の途中で引っ越しや住宅の購入等のため解約すると損をしてしまうのではないかということではないでしょうか。

しかし、実はその場合、残りの契約期間に応じた保険料の全額、もしくは全額に近い金額が戻ってきます。

以下、参考までにA損保の火災保険(10年契約)を例に、解約するタイミングごとに、返してもらえる保険料の割合(未経過料率)の一部をまとめた表を掲載します。

解約のタイミング 返してもらえる保険料の割合
(未経過料率)
0年12ヵ月目 89%
1年12ヵ月目 79%
2年12ヵ月目 70%
3年12ヵ月目 60%
4年12ヵ月目 50%
5年12ヵ月目 40%
6年12ヵ月目 30%
7年12ヵ月目 20%
8年12ヵ月目 10%
9年12ヵ月目 0%

ご覧のとおり、A損保の火災保険(10年契約)では、1年12ヵ月目のタイミングで解約したとしても1%分しか損しません。10年分の保険料が200,000円なら、2,000円くらいです。

また、2年12か月目以降は、未経過分の保険期間分の保険料が全額戻ってきます。

4.住宅が全焼したら保険金を受け取って契約が終了する

仮に長期契約の期間中に住宅が全焼するなどの全損事故に見舞われた場合、保険金を受け取った上で、火災保険の契約が終了します。

未経過期間分の保険料は返してもらえます。

まとめ

火災保険の保険期間を「10年」等の長期に設定すると、保険料の大幅な割引を受けられるというメリットがあります。

もし引っ越しや建て替え等で契約期間の途中で解約したとしても、残りの保険期間に応じた保険料を返してもらえるので、損をすることはありません。

また、一括払いにしなくても、保険期間を長期に設定しつつ保険料の支払いを1年ごとにする「長期年払」を選択する方法もあります。

ただし、保険期間中に、火災保険の契約内容と、本当に必要な補償内容との間にずれが生じる可能性があるため、毎年、契約内容を適切に見直すことをおすすめします。

特に、家財の保険金については、家族構成やライフスタイルの変化によって変動する可能性があるので要注意です。

損害保険の保険料を最大50%以上削減できる具体的方法

私たちは、他社にはない独自のノウハウで、数々の会社様の損害保険の保険料を削減してきました。

まず、論より証拠、以下はその事例のほんの一部です。いずれも補償内容はそのままに、保険料の大幅な削減に成功しています。

  • ・不動産業(事業用火災保険) : 112万円⇒52万円(-54%
  • ・建設業(建設工事保険等) : 212万円⇒150万円(-30%
  • ・アパレル業(貨物保険) : 120万円⇒96万円(-20%
  • ・病院(賠償責任保険等) : 173万円⇒144万円(-17%
  • ・運送業(自動車保険) : 5,800万円⇒5,000万円(-14%

この無料Ebookでは、私たちがお手伝いしたコスト削減の事例をご紹介します。

そして、業種別に、むだのない最適な保険の選び方をお伝えします。

ぜひ、今すぐダウンロードしてください。

すぐに知りたい方は、0120-957-713までお問い合わせください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

事業用火災保険についてお悩みの事業者様へ

次のようなことでお悩みはありませんか?

・自分の会社にピッタリの事業用火災保険を選んで加入したい
・現在加入中の事業用火災保険の補償内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい

もしも、事業用火災保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

telhoken


事業用火災保険の無料相談のお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
保険の教科書 編集部

保険の教科書 編集部

私たちは、お客様のお金の問題を解決し、将来の安心を確保する方法を追求する集団です。メンバーは公認会計士、税理士、MBA、中小企業診断士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー等の資格を持っており、いずれも現場を3年以上経験している者のみで運営しています。
TOPに戻る