相続

限定承認は危険?限定承認のメリットと3つの注意点

a1180_010278

相続をする時になって、遺産(相続財産)をチェックしたところ、借金等が多くてマイナスになっていることがあります。その場合には、選択肢の一つとして、限定承認という方法があります。

限定承認は、相続財産のうちプラスの財産の範囲で借金を引き受けるというものです。

故人の借金の貸主等に対して最低限の義理が果たせるということで、義理人情を重んじると言われる日本人のセンスになじみやすい制度と言えます。しかし、だからといって、常におすすめできるわけではありません。むしろ、義理人情を考えても、端的に相続放棄した方が良いこともあります。

この記事では、限定承認とは何か、どのように行うものか、そして、どのような点に注意する必要があるかについてお伝えします。

続きを読む

0

相続の順位|遺言作成のため絶対に押さえたい4つのパターン

GAK95_yuuguretocapple_TP_V

円満な相続のためには、ご家族のどなたにどの程度遺産を分けるべきかについて、遺言を残しておく必要があります。

その時に、必ず知っておいて参考にすべきなのが、法律ではどのような場合にどのご家族の方が相続をすることになっているのか、つまり、相続の順位です。

相続人が誰なのか、どれほど受け取れるのかについて、家族構成に応じて取り決めがされています。そして、そのルールは、どのように遺産を分け合うのが公平なのかということを考え抜いて作られたものです。したがって、遺言で遺産の分け方を決める時はきちんと考慮に入れなければなりません。

この記事では、相続の順位について、4つのパターンに分けて分かりやすくお伝えします。どのような家族構成だったとしても、これから説明する4パターンのいずれかに集約されます。是非最後までお読みになって、円満な相続のためにお役立ていただけたらと思います。

続きを読む

0

農地を相続する後継者の税金を軽くしトラブルを防ぐ4つの条件

a0001_013918

農家の方の多くは資産の大部分を農地が占めていることと思います。その場合、悩みは大きく2つ考えられます。

第1に「後継者に農地を相続させると相続税の負担が大きくなりすぎてしまうのではないか?」ということ、第2に「後継者と他の相続人との間でトラブルが起こらないためにはどうしたらいいのか?」ということでしょう。

実は、わが国では、それらの問題に対処するための制度が用意されています。たとえば、後継者の相続税の大部分が、事実上免除してもらえるのと同じ効果がある制度があります。

この記事では、農地の相続の場合に後継者の相続税の負担を抑えるための2つの条件後継者と他の相続人の争いを防ぐための2つの条件、合計4つの条件について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

相続税対策ができる!二世帯住宅の活用法と注意点

a0002_010699

ここをお読みの方は、二世帯住宅を建てることが相続税対策として有効だという話を聞いたことがあることでしょう。

たしかに、それは一面で当たっている部分があります。しかし、本当に有効なのかというのはケースバイケースです。また、二世帯住宅と言っても、ライフスタイルの異なる別の世帯が一つ屋根の下に住むことに変わりはなく、トラブルを避けるために事前の配慮が必要です。

この記事では、二世帯住宅で相続税対策をする具体的方法と、注意点について、分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

0

相続税対策になり孫の教育資金にも役立つ生前贈与5つのポイント

a1600_000035

新学期を控え、お孫さんがいる方は、教育資金としてまとまったお金を出してあげたいとお思いのことと思います。そして、教育資金の生前贈与が相続税対策につながると聞いたことがおありではないでしょうか。

実は、子・孫に教育資金を出してあげる趣旨での生前贈与については、一定の条件のもとで相続税法上の優遇措置が受けられることになっているのです。これは、国の政策として、上の世代が若い世代へと資産の生前贈与をうながすことによって、若い世代の消費活動を刺激し、経済の発展につなげようという方向性の一環です。

ただし、注意すべき点もあります。

この記事では、孫に充実した教育が受けられるようまとまった額の生前贈与を行うことで、贈与税、ひいては相続税の節税になる制度について説明します。

続きを読む

0

相続税対策に生前贈与を活用する7つの方法と注意点

f24a286edea6b7dee58a28277f75fceb_s

この記事をお読みの方は、相続税対策に生前贈与が有効だという話を耳にしたことがあることでしょう。しかし、それがどういう意味なのかは、なかなかイメージしにくいことと思います。また、ひとくちに生前贈与といっても、贈与する財産の種類や金額の大きさはさまざまで、それらに応じて、生前贈与によるメリットや注意点が異なってきます。特に「暦年贈与」と「相続時精算課税」は二者択一なので、どちらを選ぶべきか慎重に見極める必要があります。

この記事では、生前贈与を活用することで相続税の負担を軽くできるオーソドックスな7つの方法について、そのポイントと注意点に着目して分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

相続税対策と現金の関係|相続税の負担を減らす5つの方法

-shared-img-thumb-PPC_1manensatu4mai_TP_V

資産として多額の現金・預貯金をお持ちの方は、相続の時に現金にかかる相続税を軽くすることができないかとお考えになっていることと思います。

現金・預貯金は、不動産や自社株式等と違って、分けることが簡単です。そのため、ある程度残しておいて、相続人の間の遺産の配分の調整のために利用できるようにすると便利ではあります。しかし、一方で、現金・預貯金はその金額自体に相続税がもろにかかってくることになるため、一定の対策がどうしても必要になります。ただし、お金それ自体の価値は変動しないので、対策は比較的立てやすいと言えます。

この記事では、現金・預貯金についてどのような相続税対策ができるか、整理して分かりやすく説明します。

続きを読む

0

相続税対策で忘れてはいけない「配偶者控除」のメリットと落とし穴

a0001_015171

あなたは、相続税対策で「配偶者控除」の制度を活用しての節税を考えていることと思います。

「配偶者控除」(正式には「配偶者の税額の軽減」)は、よく、「配偶者の相続する遺産が1億6,000万円までなら相続税がかからない制度」という説明がされます。しかし、この説明は、ともすれば誤解を招くおそれのある表現で、実際には、落とし穴があります。

この記事では、「配偶者控除」のメリットと落とし穴について、イメージしやすいように具体例を上げて説明します。

是非とも最後までお読みになって、「配偶者控除」の制度を正しく活用するためにお役立てください。

続きを読む

0

遺留分にご用心!|絶対に知っておきたい3つの対策

遺留分

あなたは、不動産や株式等の遺産の相続について考えていて、「遺留分」という言葉にぶち当たっているのではないかと思います。

遺言書を作成するために弁護士等の専門家に相談すると、必ず「遺留分を侵害しないように」とのアドバイスを受けることになります。

遺留分は、簡単に言えば、遺族の最低限の取り分です。

いくらあなた自身の財産の処分が自由だからといっても、遺留分を侵すことは許されないのです。

特に、資産の多くが不動産の方や、事業用財産・自社株を跡取りに相続させたい方にとっては、遺留分は絶対に忘れてはならないことであり、悩みの種でもあります。

この記事では、遺留分を侵害してしまったらどういうことになるのかということと、遺留分の対策として是非とも押さえておいていただきたい3つの方法について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

法定相続人とは?必ず押さえておくべき5つのポイント

-shared-img-thumb-PAK66_koibitototewotunagu20140301_TP_V

ここをお読みの皆様は、相続対策について書物やウェブサイトを調べていて、「法定相続人」という言葉をよく目にしていることと思います。

しかし、専門用語がからんできてとっつきにくかったり、「法定相続人」をめぐる法律上のルールが複雑に見えたり、いまいちよく理解できなかったりするのではないでしょうか。

「法定相続人」という言葉を理解することは、相続対策を考える上で、絶対に避けて通れないものです。そして、「法定相続人」に関するルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られているので、根本的な考え方を知れば、理解するのは意外に簡単なものです。

この記事では、「法定相続人」について、絶対に押さえていただきたい5つのポイントに絞って、すっきりと理解できるようにお伝えします。難しい専門用語をできるだけ使わず、細かすぎる知識に立ち入ることもなく、具体的なイメージを持っていただけるよう説明しますので、是非、最後までお読みになってください。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社