相続

法定相続分とは?相続対策に欠かせない3つの基礎知識

a0001_000045

法定相続分は、遺言等が残されていなかった場合に、各相続人が遺産を相続できる割合です。円満な相続のためには遺言を残していただくことを強くおすすめしますが、そのためには、遺言がない場合にどのように遺産が分けられることになるのか、法定相続分についてしっかり理解しておくことがスタートとなります。

ただ、だからといって、身構える必要はありません。法定相続分に関する民法のルールは、ごく一般的な社会常識を基に作られているので、背後にある根本的な考え方から理解すれば、必要最低限のことはマスターできます。

この記事では、法定相続分について、必ず押さえていただきたい3つの基礎知識をお伝えします。この記事をお読みになれば、相続対策を立てる上での必要最低限の基本をマスターできるはずです。是非とも最後までお読みになって、役に立てていただけたらと思います。

続きを読む

0

単純承認に注意!相続で損しないため必ず知っておくべきこと

a1180_014458

単純承認とは、故人の財産状態をありのまま全て受け入れて全て相続することです。つまり、プラスもマイナスも全部ひっくるめて相続することになります。

この場合、プラスがマイナスを上回っていれば特に問題はありません。しかし、借金等のマイナスの方が多いと、遺産だけでそれをまかなうことができないので、結果として、相続した人は借金等を自分で引き受けなければならなくなります。

ただ、相続が始まったことを知ってから3か月以内であれば、それを避ける手段・方法もあります。

この記事では、単純承認とその他にとりうる選択肢についてお伝えした上で、最終的に態度を決める上で注意すべき点について説明します。相続で損しないために必要なことですので、最後までお読みになっていただけたらと思います。

続きを読む

0

限定承認は危険?限定承認のメリットと3つの注意点

a1180_010278

相続をする時になって、遺産(相続財産)をチェックしたところ、借金等が多くてマイナスになっていることがあります。その場合には、選択肢の一つとして、限定承認という方法があります。

限定承認は、相続財産のうちプラスの財産の範囲で借金を引き受けるというものです。

故人の借金の貸主等に対して最低限の義理が果たせるということで、義理人情を重んじると言われる日本人のセンスになじみやすい制度と言えます。しかし、だからといって、常におすすめできるわけではありません。むしろ、義理人情を考えても、端的に相続放棄した方が良いこともあります。

この記事では、限定承認とは何か、どのように行うものか、そして、どのような点に注意する必要があるかについてお伝えします。

続きを読む

0

相続放棄とは?相続で借金を引き継がずに済む手続と注意点

TSU86_iejiwoisogu_TP_V

親御さん等の相続に際して、故人に大きな借金等が判明した場合、引き継がずに済むよう、相続放棄を検討することになります。

相続放棄とは、文字通り、相続自体をなかったことにしてしまうことです。相続の対象となる人に大きな借金があって、自分自身がそれを背負いたくないような場合に有効な方法です。手続は非常に簡単です。

ただし、場合によってはできなくなってしまうこともあります。また、一度してしまうと撤回できません。さらに、相続人が変更になるなどの影響があります。その他、注意しなければならないことがあります。

この記事では、相続放棄について、どのようなことに注意すべきなのか、するとしたら何をすればよいのかといったことについてお伝えします。

続きを読む

0

遺留分減殺請求を有効に活用するのに必要な5つのポイント

a1180_010273

あなたは、遺留分、つまり相続人の最低限の相続分が受け取れなくなっており、そのことについてフォローもしてもらえない状態で、遺留分減殺請求について調べていることと思います。

遺留分減殺請求権は、遺留分が受け取れない場合、つまり遺留分の全部または一部が他の人に行ってしまっている場合に、その人から遺留分の不足分を取り返すことができるという強烈な権利です。

相続がうまくいくためには、最低限、相続人の遺留分への配慮がなされていることが欠かせません。

言い換えれば、あなたが遺留分減殺請求権を行使しなければならないような事態は、好ましいものではありません。やむをえず行使しなければならないというのはまさに断腸の思いでしょう。

この記事では、遺留分減殺請求権とはどういうものか、やむを得ず行使する場合にはどうやって行使するのかということにスポットを当ててお伝えします。

なお、「遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント」とあわせてお読みいただけたら幸いです。

続きを読む

0

結婚・子育て資金の一括贈与|注意点と唯一のメリット

a0027_001924

いわゆる「結婚・子育て資金贈与」とは、お子様の結婚・出産・子育ての資金としてまとまった額を一括でプレゼントすると、贈与税の優遇を受けられ、相続税対策になるとされている制度です。

ご自身が健在なうちに、20歳~49歳までのお子様・お孫様に対して1,000万円まで、結婚資金だけならば300万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、その時点では贈与税がかからないという制度です。

ただし、似たような制度である教育資金贈与」と比べると効果は非常に限られており、考えられるメリットは1つしかないので、注意が必要です。

この記事では、結婚・子育て資金の一括贈与に関する優遇措置の内容を説明したうえで、注意点と唯一のメリットについて詳しくお伝えします。

続きを読む

0

代襲相続とは何か?孫、おい・めいが相続人になる3つの場合

a0780_000901

「代襲相続」とは、お子様や兄弟姉妹の方が相続人となっているケースで問題になります。本来の相続人が訳あって相続できない場合に、その下の世代の人が、代わりに相続人になるケースです。

円満な相続のためには、それぞれのご家族への配慮のゆきとどいた公平な内容の遺言を作成しなければなりません。たとえば、お子様が既にこの世にいらっしゃらないのであれば、お孫様にご自身の財産を遺してあげたいと考えるのが人情だと思います。

代襲相続は、まさに、故人のそのような切実な思いに応えようという制度です。したがって、遺言を作成する上で大いに参考になると言えます。

ただ、ややこしいことに、代襲のルールは、本来の相続人が子か兄弟姉妹かで違いがあります。

この記事では、代襲相続について、どのような場合に誰が代襲相続人となるのかを詳しくお伝えします。

続きを読む

0

相続の順位|遺言作成のため絶対に押さえたい4つのパターン

GAK95_yuuguretocapple_TP_V

円満な相続のためには、ご家族のどなたにどの程度遺産を分けるべきかについて、遺言を残しておく必要があります。

その時に、必ず知っておいて参考にすべきなのが、法律ではどのような場合にどのご家族の方が相続をすることになっているのか、つまり、相続の順位です。

相続人が誰なのか、どれほど受け取れるのかについて、家族構成に応じて取り決めがされています。そして、そのルールは、どのように遺産を分け合うのが公平なのかということを考え抜いて作られたものです。したがって、遺言で遺産の分け方を決める時はきちんと考慮に入れなければなりません。

この記事では、相続の順位について、4つのパターンに分けて分かりやすくお伝えします。どのような家族構成だったとしても、これから説明する4パターンのいずれかに集約されます。是非最後までお読みになって、円満な相続のためにお役立ていただけたらと思います。

続きを読む

0

教育資金贈与の5つのメリットと5つの注意点

PAK85_desk15215645_TP_V

お子様、お孫様の教育のためになり、しかも相続税対策も兼ねることのできる制度として、「教育資金贈与」があります。

ご自身が健在なうちにお子様・お孫様に対して、30歳になるまでの教育資金として1,500万円までの「まとまったお金を」「一括で」プレゼントしてあげた(贈与した)場合に、贈与税がかからず、相続税も減らせるという制度です。

つまり、お子様・お孫様に、ご自身がこの世を去った後の教育資金までプレゼントしてあげられて、相続税対策にもなるという便利な制度です。

ただし、活用するには条件・注意点があります。

この記事では、教育資金贈与のメリットと注意点について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

遺留分とは?遺言作成のため絶対に必要な6つのポイント

26NJ_g-matitosorawomiwatasu_1_TP_V

相続、つまりご自身の遺産をご家族にどのように分けようかについて、遺言を作成する際、必ず注意しなければならないものが、「遺留分」というものです。

どういうことかというと、円満な相続のためには、遺言で遺産の公平な分け方を指定しておくのが一番です。しかし、特に、不動産等、大きくて分割するのが難しい財産がある場合には、どうしても公平に分けるのが難しいことがあります。

遺留分の制度は、そういう場合に、大きな財産を相続する人以外の相続人のため、最低限の相続分を保障するものです。「完全に公平とはいかなくても、これだけは保障してあげるよ」というものです。

そして、この遺留分は、遺言によっても奪うことはできないという強いものです。

この記事では、遺留分とは何か、どうやって計算されるか、そして、遺留分を侵害してしまうおそれがある場合にどのような対処法があるか等について、6つのポイントに分けて分かりやすく説明します。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社