相続

年末年始に親子で話そう!相続税をゼロに近づけるための生前贈与の6つの活用法

51eb07af9b60537a221599db965f2882_s

平成27年1月から相続税の基礎控除の額が引き下げられました。その結果、相続税が課される人の割合は、国税庁の調査によれば2倍になったと言われます。

特に、都市部の中心に一戸建てやマンションをお持ちの方にとっては深刻な問題です。念願のマイホームのローンの支払いを終えたら、今度はお子様に相続税の負担がかかるかもしれないというのでは、たまったものではありません。

実は、相続税対策には、早期に財産を移していく「生前贈与」が有効です。ケースによっては、相続税をゼロにすることも可能でしょう。

そこで、今日は、今からできる生前贈与の6つの活用法をお伝えしたいと思います。これをお読みになって早期に実行することで、相続税を1円でも抑えることに役立つはずです。

是非とも最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

0

農地を相続する後継者の税金を軽くしトラブルを防ぐ4つの条件

a0001_013918

農家の方の多くは資産の大部分を農地が占めていることと思います。その場合、悩みは大きく2つ考えられます。

第1に「後継者に農地を相続させると相続税の負担が大きくなりすぎてしまうのではないか?」ということ、第2に「後継者と他の相続人との間でトラブルが起こらないためにはどうしたらいいのか?」ということでしょう。

実は、わが国では、それらの問題に対処するための制度が用意されています。たとえば、後継者の相続税の大部分が、事実上免除してもらえるのと同じ効果がある制度があります。

この記事では、農地の相続の場合に後継者の相続税の負担を抑えるための2つの条件後継者と他の相続人の争いを防ぐための2つの条件、合計4つの条件について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

相続対策でお悩みの方必読!一時払い終身保険4つのメリット

時計2

平成27年1月から相続税の税法が改正されて、相続税の増税になってしまいました。

今回の税制改正によってより多くの人が相続税を支払うことになるということで、相続税対策に悩み始めた方も多いのではないでしょうか?

特に資産の多くが不動産である方は、相続税を支払うための現金がないために相続をする子供たちが相続税の支払いで苦労することを強く懸念してしまいますよね。

こういった背景があり、様々な相続対策を探しているかとは思いますが、実は生命保険を活用して相続対策をしようと考えたときに一番有効な手段は一時払いの終身保険です。

しかし、一時払いの終身保険にどのようなメリットがあるのかはよくわかりませんよね。活用法を知らないと相続対策での一時払いの終身保険のメリットを最大限生かすことができません。

この記事では一時払いの終身保険で相続対策をするときに知っておいてほしい4つのメリットをご紹介いたしますので、是非最後まで読んでみてください。

続きを読む

0

相続税改正と生命保険の活用法

a1180_005280

消費税が来年4月より8%に引き上げられるのはみなさんご存じの通りです。

消費税増税が注目されていますが来年以降に増税になるもので気をつけなければいけないのは平成27年1月からの相続税改正です。

現行の相続税だと大きな基礎控除額があるので一定の富裕層の人だけが相続税の対象となっていました。

今回の改正では基礎控除額が引き下げられ、今まで4%ほどの人しか対象とならなかった相続税が新制度になると7%ほどに上がると予想されています。

相続税対策はどうしようか?と悩まれている人も多いと思います。

今日は相続税改正のポイントと生命保険の活用法をお伝えします。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社