生命保険まとめ|将来に備えた最適な保険を選ぶためのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現在、生命保険に加入をしている人は約8割と言われています。生命保険は誰にでも、必要なものではありませんが、必要とする人が多いのも事実です。

ただ、多くの人は必要性を十分に考えないまま、生命保険の契約をしています。何となく必要だからとか、知人や家族に勧められて何となく契約してしまっている人がほとんどです。

そして、営業の言われるがままに加入をして損をしている人がたくさんいます。

このページでは、生命保険を検討するときに絶対押さえておきたいことと、生命保険の加入や見直しを検討する時に、少しでも得するために知っておきたいことをすべてをお伝えします。

Step 1

まずは自分に生命保険が必要か知ろう

生命保険は家族構成や考え方によって必要性が違います。

生命保険は必要とする人が多いのも事実ですが、誰にでも必要というものではありません。
数十年と長い期間保険料の支払いをしていくものなのでしっかり検討して、本当に必要なものだけに加入することをおすすめします。

Step 2

自分にどれくらいの保障が必要か計算する

生命保険に加入をするときに1番大切なのはどれくらいの保障に加入するのかです。

日本は社会保障制度が充実しており、生命保険以外にも「遺族年金」「会社からの保障」などたくさんの保障を受けることができます。その保障でも足りないときに加入をするのが民間の生命保険です。

よく機械的に必要額は「年収の何倍」などの計算方法が紹介されていますが、人によって受けられる保障が違うので単純な計算をしてしまうと必要額が高額になる可能性があります。

自分にどれくらいの保障が必要か、つまり「必要保障額」を正しい計算をしてできるだけ無駄を省きましょう。

Step 3

自分にあった生命保険の選び方

生命保険は家族構成、ニーズによって選ぶ保険は違います。

よくネットなどでランキングとか人気があるとか書かれていますが、人によって必要とする保障が違います。安易に信じてしまうと誤った判断をしてしまいます。

ただし、保険は無理して入るものではありません。高い保険料を払って、今の生活が苦しくなったり将来の貯蓄ができなくなったら本末転倒です。

自分が必要だと思う保障をしっかり決めて、正しい生命保険を選択しましょう。

生命保険を正しく見直す方法

生命保険の保険料が負担になり、見直しを考えるときに単純に保障を下げれば保険料は下がりますが、それは正しい見直しとは言えません。

もちろんそうなるケースもありますが、見直しをするときにやるべきことがあります。

将来後悔しないためにも、正しい見直しをしましょう。

保険で貯蓄をするときに知っておくべきこと

生命保険には貯蓄性が高い商品があります。
特に保険料が掛け捨てになるにが抵抗がある方は検討するといいでしょう。
そして、老後の貯蓄など長い期間の積立には向いています。商品によって特徴があるので自分のニーズにあった商品を選択しましょう。

保険に関する参考データ

これからはじめて生命保険を検討する人は他の人がどのようにしているのか気になることでしょう。

あくまでも参考ですが、生命保険に関するデータを確認してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社