個人事業主が法人化して節税できるケースとシミュレーション

rewtyufi_tp_v1

個人事業を営まれていると、一度は「法人化した方が節税できるのではないか」と考えますよね。

しかし、法人化することで

  • 社会保険料の負担が発生してしまう
  • 経費に算入づらくなる
  • 税理士の顧問料がかかる

というようなデメリットを考慮すると、果たして本当に「法人化」すべきなのか悩んでしまうのではないかと思います。

実は、そのとおりで、すべての個人事業主の方が法人化して節税できるわけではありません。

ここでは、個人事業主の方が法人化をして節税ができるケースとできないケースをご紹介いたしますので、ご自身が本当に法人化すべきかどうかの参考にしていただければと思います。

法人化することで節税できるケースでは個人事業主のままでいるよりも、法人化した方が手元に残るお金を2倍以上にすることも可能ですので、是非最後まで読んでご検討ください。

続きを読む

社長が知っておくべき法人税と節税の基本

長期平準定期保険・改

会社にかかる法人税は、個人で支払う所得税のようなものです。個人にかかる所得税は、入ってくるお金(収入)が多ければ多いほど、払う税金も増えていく仕組みになっています。一方、法人税は一定の税率が決められており、法律の定める範囲で節税という対策を立てることができます。

日本における法人税率は海外と比べると、とても高い率になっています。最近では、日本の高い税率を嫌って海外に拠点をおく企業も増えてきているようです。消費税10%への増税は先延ばしとなったものの、近い将来、実効されることは間違いありません。このような状況から考えても、会社経営における節税対策はたいへん重要なものだと言えるのではないでしょうか。

この記事は、経営者の方に知っておいていただきたい節税に関するポイントをまとめてあります。すでに節税対策を実行されている方も、これから対策を考えたい方も、すべて経営者の方にお読みいただければ幸いです。

続きを読む

みなし譲渡所得|利益がないのに税金を取られる理由と注意点

a0002_009087

所得税に関することの中でも、「みなし譲渡所得課税」は、最も分かりにくく、それでいて知らずに損をしやすいものの一つです。

そもそも譲渡所得というもの自体がイメージを持ちづらく分かりにくい上に、「みなし譲渡」はさらに輪をかけてイメージしにくく、どの本やサイトを読んでも理解しにくくなっています。私も、最初に税法を学んだ時は、「実現主義」だの「純資産増加」だの「キャピタルゲイン」だのわけの分からない専門用語が出てきて、何を言っているのかちんぷんかんぷんでした。

わけの分からないことは関わらなくて済むのに越したことはありません。しかし、厄介なことに、みなし譲渡所得への課税は、気付かないうちに食らってしまう可能性があります。また、この制度のせいで理不尽なことになってしまうケースもあります。

したがって、最低限、どういうことなのかのアウトラインくらいは理解しておく必要があると思います。

この記事では、難しい専門用語はできる限り使わず、みなし譲渡所得の根っこにある考え方から分かりやすく説明します。どうか最後までおつきあいください。

続きを読む

法人が医療保険を有効活用できる3つの方法

fukuoka_0i9a4520_tp_v

会社の経営が軌道に乗ってきて資金の余裕が出てきた法人のお客さまから、医療保険を法人で活用する方法について相談を受けます。

一口に医療保険と言っても、経営者の方のためと、従業員の福利厚生のためとでは、活用法が違ってきます。

というのは、医療保険には、保障が一生涯続いて保険料が変わらない「終身医療保険」と期間が短期で更新ごとに保険料が上がる「定期医療保険」とがあります。いずれも、保険料全額を損金算入でき、会社を守り発展させていくのに大いに役立つ可能性があるものです。ただし、それぞれ使い道が違うので、注意が必要です。ごく大雑把に言ってしまうと終身医療保険は経営者の方向け、定期医療保険は従業員の福利厚生向けとして使うのが最も適しています。

この記事では、医療保険の法人向けの3通りの活用法について説明します。

続きを読む

役員報酬の設定で節税効果を最も高める方法と3つのテクニック

sgf01a201501130800

家族や個人で会社を経営していると、役員報酬の設定で悩まれることはありませんか。

会社を経営していると、「法人税」だけでなく「所得税」「住民税」そしてなにより「社会保険」も負担しなくてはなりません。「こんなに売り上げをあげているのに、手元に残るのはこれしかない・・・」と嘆きたくなることもあることでしょう。

私は、法人のお客様のコンサルティングをさせて頂くことが多く、様々な経営者の方からこのような悩みを聞いています。

そこで、本日はこのような経営者の方々が少しでもより多くのお金を個人にも法人にも残せるような役員報酬の設定金額を解説いたします。

役員報酬の設定次第で個人・法人の節税に大きなインパクトを与えることができます。

そして税金だけでなく、法人でも個人でも負担しなければならなくなってしまう社会保険に関しても考慮して、結論を導き出しだして解説していきます。また、今回の結論に、追加の対策次第でさらに手元の資金をより多く残せる3つのテクニックまでご紹介しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

経営者保険|資金繰り改善・事業承継等に効果的な活用法

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

この記事をお読みの経営者の皆様は、会社のために経営者の方に保険をかけるとどんなメリットがあるのか、知りたいとお考えになっていると思います。

経営者保険は、いろいろな意味で会社の役に立ちます。よく言われるのは「節税」ですが、それにとどまりません。財務状況の改善や事業承継対策等にも役立ちます。その上、何より、経営者の方の身に万一のことがあった場合に会社を守ることができます。

「法人保険の教科書」では、それぞれの法人保険について、メリットとデメリット、活用法、どのような会社に向いているのか、といったことをご紹介してきました。しかし、それらはあくまでも一般論です。コンサルティングさせていただくたびに、法人様に応じて活用法は千差万別なのだと気付きます。中には、お客様の当初のご希望と、最終的な保険の組み方とが大きく違ってくることもあります。もちろん、入念なヒアリングとシミュレーションの結果、ご納得いただいた結果としてそうなっております。

この記事では、弊社が現在進行でコンサルティングをしているお客様の事例をお伝えします。その上で、経営者保険の4通りの活用法について分かりやすく説明します。経営者の方であれば必ず一度は頭を悩ませる問題とその解決へのヒントがいくつか含まれていると思いますので、是非、ご参考にしていただけたらと思います。

なお、コンサルティング事例について、本当のありのままを掲載するには支障がありますので、少々いじって紹介しております。また、コンサルティング内容の全てではなく一部であることをご了承ください。

続きを読む

経営者の退職金を約30%多く積み立てられる5つのポイント

tc160130290i9a6551_tp_v

会社の経営者の方の大きな関心事の一つとして、ご自身のリタイア後の生活資金、つまり退職金をどのように確保するかということがあります。

できることならば、限られたキャッシュの中から税金の負担を抑えながら効率よく積み立てたいとお思いでしょう。また、退職金を支出する時は会社から多額のお金が出ていくので、その際に赤字のリスクは極力避けたいものです。

つまり、会社の財務状態を安定させることを考えると、退職金の資金を積み立てている間は損金を計上して税負担を軽減でき、逆に退職金として支出する時は益金を計上して赤字を防げるというのが理想です。

そして、その方法としては、法人保険、中小企業倒産防止共済、小規模企業共済があります。ただ、これらにはそれぞれ向き不向きがあります。したがって、ご自身の会社の現状や将来の見通しも含めて、入念なプランニングが必要です。そして、弊社ではこれまで、それぞれの法人のお客様の実情やお悩みを詳しくおうかがいした上で、コンサルティングを行ってきました。

このページでは、実際に弊社でコンサルティングを行ったお客様の実例を一つご覧いただき、その効果を得るためにどのようなプランニングを行い、どのように実行に移したか、全てお伝えします。

なお、法人保険の最も重要な役割は、経営者・役員の方に万一のことがあった場合の保障ですが、今回は、退職金を積み立てる機能にフォーカスしてお伝えします。

また、お客様の情報は、実例をそのまま掲載したのでは支障がありますので、少しずつ変えてあります。

このページと、リンク先のページの内容をお読みいただき、是非とも参考にし、実践していただければと思います。

続きを読む

長期平準定期保険で会社のキャッシュを多く残す4つの活用法

a0003_000941

法人保険の中でも「長期平準定期保険」は、よく、「節税」に役立つと言われます。それは、長期間にわたって保険料の1/2を損金に算入することができ、税金の負担が軽くなることをさしています。

ただ、それだけではなく、ある程度の長期的な見通しを持って上手に活用すれば、退職金等の資金にあてるキャッシュを効率よく積み立てることができます。また、それと同時に事業承継の準備もできます。さらに、急な経営危機の時には赤字を埋めることができ、ここぞというチャンスにはすぐに融資を受けることができるといううまみもあります。40歳くらいまでの経営者の方には非常に使い勝手の良い保険です。

この記事では、長期平準定期保険をどのように活用すれば効果を発揮するのか、具体的なケースをまじえて余すところなくお伝えします。

また、長期平準定期保険の中でも退職金を効率よく準備する機能を強化した「低解約返戻金型定期保険」というものがありますので、これについても活用の条件・注意点を説明します。

続きを読む

逓増定期保険で会社のキャッシュをより多く残す4つの活用法

a0001_008211

逓増定期保険はよく「節税に役立つ」と言われています。それは、保険料の1/2など、一部が損金に算入されることをさして言われることが多いです。確かに、税負担を軽くする効果は非常に魅力的です。

しかし、逓増定期保険の効用はそれだけではありません。逓増定期保険には特徴があり、それを押さえた上でご自身の会社のニーズに合った上手な活用をすれば、短期間で会社に必要な資金を効率よく積み立てることができ、同時に事業承継の準備もできる保険です。また、タイミングによっては、急な経営危機の時の緊急資金・赤字の穴埋めをすることができます。それに加え、ここぞというチャンスに面倒な審査を経ずすぐに融資を受けることも、できなくはありません。

ただし、それらの効用を得るには、加入する際に身の丈に合った保険料の額を設定した上で、十分なプランニングをして、会社にフィットした保険を選ぶことが条件です。

この記事では、そんな逓増定期保険の特徴と有効活用法のすべてを、具体的なケースをまじえて、分かりやすく、余すところなく説明します。また、一時期もてはやされたいわゆる「名義変更プラン」とそのリスクについてもお伝えします。

続きを読む

全額損金の保険で会社のキャッシュを守る最適の活用法

tc160130040i9a6542_tp_v

法人保険、つまり法人向けの生命保険の中には、保険料全額が損金に算入され「節税」になると言われるものがあります。特に人気があるのは、最終的に解約すれば「解約返戻金」が受け取れ、必要な資金を効率よく積み立てることに役立つものです。保険会社によって名称はまちまちですが、よく「全額損金定期保険」と呼ばれ、人気があります。

この全額損金定期保険は、実は、活用の条件や会社ごとの向き不向きがはっきりしていています。そこで、この記事ではまず、「全額損金定期保険」のメリット・デメリットと、有効活用する上で守るべき鉄則についてお伝えします。

また、全額損金の保険はその他にもあります。解約返戻金は受け取れませんが、その代わり、低い保険料で効率よく会社のキャッシュを守り、増やしていくのに大いに役に立つことがあります。したがって、そういった保険(解約返戻金のない定期保険、収入保障保険、医療保険・がん保険)の有効活用法についてもお話しします。

全額損金の保険の活用をお考えの方は、是非ともお役立てください。

続きを読む