学資保険まとめ|子供の将来のために必ず役立つ全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

子供の将来の学費を貯めていく学資保険ですが、私はこれまで学資保険を適当に選んでしまって後悔した人をたくさん見てきました。

せっかく子供の将来のためにお金を積立てているのに払込んだお金よりも少なくなる「元本割れ」するものに入ってしまったり、受取り時期の違いによって使いたいときに使えなかったりと非常にもったいないです。

そして、子供が生まれると家族が増えると同時に大きなお金が必要となります。負担を軽減するために日本では様々な保障や手当を受けることができます。公的保障、税金などを中心に知らないと損することもたくさんあります。

このページでは子供が生まれたときに知っておくべきことをすべてお伝えします。学資保険を中心に公的保障、税金まで必ず押さえておかなければいけないことなので、是非今後にお役立て頂ければ幸いです。

Step 1

まずは学資保険が自分に必要かどうか知ろう

子供が生まれると当たり前のように学資保険に加入する人がいますが、それは違います。
たしかに、学費を貯めていくのに有効な商品ですが、学資保険は必ず入らなければいけないものではありません。
あくまでも将来の学費を貯めていくために1つの方法にしかすぎません。
まずは本当に学資保険が必要なのか、メリット・デメリットも含めて理解しましょう。

 Step 2

金額を決める前に学費がいくら掛かるか知ろう

学資保険を決めるときに知っておかなければいけないのが将来学費がいくら掛かるかです。
学資保険はいつまでにいくら貯めるか決めなければいけません。
商品を選ぶ前に将来どれくらい学費が掛かるか理解して、イメージしましょう。

Stop 3

自分に合った学資保険を選ぼう

Step 4

学資保険の税金を知ろう

学資保険に加入をすると生命保険料控除により、所得から控除を受けることができます。
また、将来受取った時の税金についても理解しておきましょう。

Step 5

学資保険について基礎知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロのFPによる保険無料相談実施中!

もし、あなたが

  • ・保険料は上げたくないけど、もっと内容のいいものにしたい
  • ・子どものために万が一の時にも安心できる保険を知りたい
  • ・自分が加入した時よりも新しくてお得な保険を知りたい

とお考えなら、ぜひ無料相談にお申し込みください。

必ず今の保険料を安くして、かつ内容の良いものをご紹介します。

「知らなきゃ損!誰でも使える8つの社会保障制度をお教えします。」

日本人は民間保険に入らなくても、以下のように、かなり手厚い保障を受け取ることができます。

  • ・ ご主人様に万が一のことがあった時に毎月約13万円を貰える。
  • ・ 仕事を続けられなくなった時に毎月約10万円を貰える。
  • ・ 出産の時に42万円の一時金を貰える。
  • ・ 医療費控除で税金を最大200万円節約できる。
  • ・ 病気の治療費を半分以下にすることができる。
  • ・ 介護費用を1/10にすることができる。

多くの人が、こうした社会保障制度を知らずに民間保険に入ってしまい、 気づかないうちに大きく損をしています。

そこで、無料EBookで誰もが使える絶対にお得な社会保障制度をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の生活にお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社