法人保険で必要な資金を準備する方法のメリットとデメリット

ME_BOOK20160902273713_TP_V4

もしも、法人保険を活用すれば、何もしないよりキャッシュを約20~30%多く残せるとしたら、試してみたいと思いませんか?

法人保険は、正しい選択をして上手に活用すれば、損益の計上のタイミングを調整しながら効率よくキャッシュを積み立てられる可能性があります。

しかも、法人保険の商品の多くは、いつ、どのような場合に、いくら受け取れるかということが予め決まっているので、株式投資などと違って特別な知識・経験は不要です。

この記事では、法人保険を活用した損益の計上のタイミング調整の方法について、メリットとデメリットを含めて詳しく、分かりやすく紹介します。

また、法人保険と似た機能がありリスクが少なく安心して利用できる公の制度・中小企業倒産防止共済についても簡単に説明したいと思います。

続きを読む

0

決算対策は期末月でも間に合う!簡単な8つの方法

bsPAK85_laladentakuOL20140321

例年よりも多くの営業利益が上がると、嬉しい半面、決算対策に頭を抱えることになると思います。

とはいっても、本やインターネット上で説明されているノウハウは、どれが良くてどれが悪いのか、何から優先手をつけたらいいのか、分からなくなっているのではないでしょうか。

この記事では、様々な決算対策の中から、難しい知識やテクニックを必要とせず、期末でも手っ取り早く簡単にできる方法を8つ厳選し、難易度が低い順にお伝えします。

続きを読む

0

損金の基本|法人税法上、損金に算入できるモノとタイミング

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-YOU85_PCsousasuru20131019130818500-thumb-1000xauto-5430

会社が黒字の時には、法人税の心配をしなければなりません。多額の利益が出て益金が高くなれば、何とか損金の額を大きくしてバランスをとりたいものです。

しかし、ややこしいことに、法人税法の損金に関するルールは単純ではありません。費用として支出しても損金と認められないものがあります。また、支出のタイミングと損金への計上のタイミングがずれるものもあります。

そのため、「何が」「どの年度の」損金に算入されるか、つまり、損金に算入できるものの種類と、算入のタイミングを、大まかにでも押さえておいて、広く長い視野をもって税金対策を行うことが重要です。この記事では、そんな損金の基本的な知識と考え方について、メリハリをつけて分かりやすく説明します。

なお、法人税の大まかな仕組みについてはこちらで説明していますので、お読みください。

続きを読む

0

損金不算入とは何か?知っておきたい4つの典型的パターン

tsuchimoto0I9A6494_TP_V4

損金不算入とは、会計上は費用となるものが、税法上は損金にならないものを言います。

よく節税のために費用を支出することがありますが、それによって損金を計上できなければ、節税にはなりません。したがって、何が損金不算入になってしまうのか、知っておく必要があります。

そのため、本日は、損金不算入となるものは何か、なぜそのような扱いがされているか、典型的な4つのパターンについて分かりやすく説明します。

続きを読む

0

ブラック企業にいた私がやっておけばよかった身を守るための7つのこと

dfd9eb1c0350dbabfdf878f47de51534_s

あなたは、今の職場で、長時間働いているのに残業代も出ないのに悩んでいませんでしょうか。職場で理不尽なルールを押し付けられて、「それが社会の常識ならば仕方ない」と諦めていませんか。

  • この会社で今のままの状態でずっと働き続けるしかないのか?
  • ひどい仕打ちを受けているのは自分自身に問題があるのかも?

そう思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、諦めないでください。

実は私もブラック企業に勤めた経験があります。明日が見えずいつも不安でした。

また、労働法の知識は大学でちょっとかじったくらいでは役に立たず、しかも、闘う気力がないくらい消耗していました。しかし、今になって思えば、やれることはいろいろありました。だからこそお伝えしたいことがあります。

この記事では、職場で理不尽な扱いを受け、苦しい思いをしているあなたのために、あなたの身を守るために役立つ基本的な知識と、証拠を残すためにやっておくべきこと、そして、いざという時にどこに助けを求めれば良いのかということをお伝えします。

続きを読む

0

ファイナンスリースとは?活用のメリットと経理処理のポイント

c1d8f509d300f551384931373d8b9e70_s

あなたは、事業用資産について、ファイナンスリースの活用をお考えになっていることと思います。

ただ、どんなメリットがあるのか、会計処理はどうなっているのか、よく分からないのではないでしょうか。

ファイナンスリースは、一応は物件をお金で借りるという形をとっているが、実質は分割払い購入と同じものを言います。金融の手段として便利なので、広く行われています。

ただし、「所有権移転ファイナンスリース」と「所有権移転ファイナンスリース」の2つのタイプがあり、区別がよくわからなくなっています。また、会計処理の違いについても、若干イメージしにくいところがあります。

そこで今回は、ファイナンスリースについて、基本的なしくみと、これを事業活動に活用するメリット、経理処理のポイントを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

中小企業退職金共済で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

a0001_016527

この記事をお読みの経営者の方は、従業員の退職金制度を整備するのに、中小企業退職金共済の活用をお考えのことと思います。

中小企業退職金共済は、掛金が全額損金扱いなので、会社の税負担が軽くなります。

また、何事もなければ、着実に、支払った掛金よりも多くの額の退職金を準備することができます。つまり、会社が掛金を減額せずに支払い続け、従業員が一定期間勤務した後で退職するという前提の下に制度設計がされています。

しかし、逆に言えば、イレギュラーな事態に弱いということでもあります。

また、従業員の退職金準備に特化した制度なので、融通が利かない面もあります。

そこで、この記事では、中小企業退職金共済を活用するメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

法人化するならどのタイプ?法人4タイプの種類別活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-11-PAK86_machinamiwomiorosu1145500-thumb-1000xauto-3819

個人事業主の方が法人化(法人成り)する場合、「株式会社」「合名会社」「合資会社」「合同会社」のどのタイプを選ぶのかという問題が出てきます。

どうやったら事業資金を集めやすくなるか?発言力はどの程度維持できるのか?ということが、法人の種類を選ぶ時に重要なポイントです。

この記事では、法人成りを考えている個人事業主の方のために、4種類の会社のタイプのそれぞれの違い、メリットとデメリットについて、分かりやすく説明します。

なお、株式会社については、社長(取締役・代表取締役)が唯一の株主となっている会社か、株式の大部分を握っている小規模の株式会社を念頭におくものとします。

続きを読む

0

全額損金で節税は危険!生活障害保障型定期保険の活用のための鉄則3つ

PASONAZ160306230I9A1809_TP_V4

生活障害保障型定期保険は、よく「全額損金の保険」とか「節税商品」として紹介されます。

しかし、実は「節税商品」というのは大きなミスリーディングで、クセが強い商品である上、それなりのリスクがあり、活用方法は限られています。

ところが、そういったことを整理して説明している本やサイトはほとんど見当たりません。恐ろしいことに、法人保険を扱っている営業マンでも、「全額損金=節税」という点だけを売りにして販売している人がいたりします。

この記事では、生活障害保障型定期保険の活用を考える上で是非知っておいていただきたいメリットとデメリットを踏まえた上で、絶対に守るべき3つの鉄則について説明します。

生活障害保障型定期保険の活用をご検討の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

0

レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみと活用法

TSUCH160130520I9A6560_TP_V4

あなたは、節税の効果のある投資商品としてレバレッジドリースに興味をお持ちのことと思います。

ただ、どんなしくみなのかイメージが湧かず、手を出して良いものか分からないのではないでしょうか。

レバレッジドリースは、簡単に言えば、みんなでお金を出し合ってモノを購入し、貸し出す事業をするしくみです。そして、事業で出た損失が、節税につながるのです。

この記事では、レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみを分かりやすく説明します。そして、どんなケースで活用するのが効果的なのか、2つのケースについて簡単にお伝えします。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社