個人事業を法人化するのに必ず知っておきたい10のメリットと5つの注意点

個人事業主 法人化(オリジナルサイズ)

個人事業を営まれていると、一度は「法人化すべきなのか」と考えますよね。しかし、法人化したらどんなメリットがあるのか、あるいは何か落とし穴がないのか、というのがなかなか見えず、気になるのではないでしょうか。

実は、すべての個人事業主の方に法人化をおすすめできるわけではありません。向き不向きがあります。

法人化することの最大のメリットは、個人事業主と比べて、お金を管理するための方法が広がることです。それはたとえば、資金調達がやりやすくなったり、節税の方法の幅が広がったり、退職金や福利厚生を充実させられたりといったことです。

しかし、いくらメリットがあっても、コストパフォーマンスが悪ければ、法人化はおすすめできません。たとえば法人化するのも法人を維持するのもそれなりのコストがかかります。また、個人事業主だと経費にできるものが、法人だとできなくなったり制限されたりします。それらの点を考えてもなおメリットの方が大きいのであれば、法人化をおすすめできるということです。

この記事では、個人事業主の方が法人化を検討する上で是非とも押さえておいていただきたいメリットと注意点をしっかりとお伝えしますので、是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

0

運送保険とは?よくわかる基本的な補償内容と賢い選び方

a1180_003879

運送保険は特に、運送業を営む業者の方にとって大変重要なものです。特に事故で荷物が損害を受けた場合に、あなたの会社に落度がなくても、お客様に弁償しなければならないからです。しかし、運送保険とはどんなものか、どのような補償内容を選ぶべきなのか、なかなか分かりにくいと思います。

この記事では、運送業者にとって必ず加入しておくべき運送保険「運送業者貨物賠償責任保険」について、補償内容を整理して説明します。

どんな補償内容なのか、どこまでの損害・費用がカバーされるのか分かりやすくお伝えしますので、今の保険の保障内容があなたの会社にフィットしているか確かめてみるのにお役立てください。

続きを読む

0

土木工事保険とは?意外に知らない補償内容と使い分け

ELLsyuumeigiku150928087713_TP_V

土木工事を行う事業者の方は、必ず土木工事保険に加入することと思います。しかし、補償内容について、どの程度理解していらっしゃるでしょうか。

土木工事保険は、工事の目的物や工事用資材等の損害を幅広くカバーするものです。しかし、補償対象となっている損害が発生した場合も、その全てがカバーされるわけではありません。また、たとえば、工事中に作業員の方が怪我を負った場合等はカバーされません。

したがって、土木工事保険は補償内容をしっかり理解した上で加入していただく必要があります。そして、その上で必要に応じて別途、他の保険をプラスする必要があります。

この記事では、土木工事保険がどんなものかという補償内容に関することと、他の保険との役割分担等、土木工事保険に加入する前にかならず知っておきたい最低限の知識について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

動産総合保険とは?他の保険との違いと正しい活用法

a1180_009845

動産総合保険という主に法人向けの損害保険がありますが、名前を聞いただけではどんな保険なのかいまいちピンとこないのではないでしょうか。

「動産」というと、「不動産以外の財産」を思い浮かべると思います。しかし、ややこしいことに、動産総合保険は、全ての動産をカバーするわけではありません。

しかも、単に「動産の損害を補償する」と言うならば、そういう保険は他にもあります。特に、「火災保険」と何が違うのか、悩んでしまうところです。

この記事では、他の保険、特に火災保険との違いを意識しながら、動産総合保険とは何か、どんな業種に向いているのか、どんな点に注意が必要なのか、イメージしやすく、かつ分かりやすく説明します。

続きを読む

0

建設工事保険とは?カバーする範囲に関する基礎知識

PAK89_koujigenba1321_TP_V (1)

建物の建築工事や設備工事に事故のリスクはつきものなので、もしもの時に備える必要があります。

そこで、建設業を営む方は、「建設工事保険」への加入を検討されることと思います。

しかし、「建設工事保険」という名前は漠然としていて、どんなものなのか、なかなかイメージが持てないと思います。

実は、建設工事保険は、工事中の全ての事故をカバーしているわけではありません。あくまで、工事の対象物等の「モノ」に発生した損害をカバーする保険です。それを理解した上で加入していただく必要があります。

また、その上で、足りない部分については別途、必要に応じて他の保険をプラスする必要があります。

この記事では、建設工事保険がカバーするのはどのような損害なのか、カバーできないものについてどうすればいいのか等について、ごく基本的なことをお伝えします。

続きを読む

0

経営者保険|会社とあなた自身と後継者のための4つの活用法

a1620_000827

経営者の方は、生命保険等をご自身にかけるとどんなメリットがあるのか、知りたいとお考えになっていると思います。

経営者の方の悩みとしてよくうかがうのは、会社の経営を安定させ会社を守ることと、リタイア後の生活の安心を確保することと、後の世代にスムーズにバトンタッチすることです。

会社の経営には浮き沈みがあります。今は好調でも将来はどんなことがあるかは分かりません。そのため、理想としては、今ある利益を先送りして必要な時に必要なキャッシュを引き出せるようにしたいと考えるでしょう。

また、難しい舵取りをしながら、リタイア後の生活資金も退職金等の形で積み立てなければなりません。

そして、できれば、次の世代が会社を引き継ぐ時の相続税等の負担を軽くしてあげたいとも考えることでしょう。

そんな時、経営者の方のための保険、経営者保険が役に立つことがあります。保険の果たす役割は、経営者の方の身に万一があった場合に会社を守れるだけではありません。

そして、経営者保険の使い方には一定のルールがあります。また、経営者保険の前に活用していただきたいものもあります。

この記事では、会社と、あなたご自身と、そして、いずれ経営を引き継いでもらう後継者の方のための経営者保険の活用法をお伝えします。その中で、保険以外の有効な代替手段についてもご紹介します。

また、弊社が現在進行でコンサルティングをしている法人のお客様の事例をお伝えします。是非、ご参考にしていただけたらと思います。

続きを読む

0

マンションの減価償却の計算が自分でできる6つのステップ

a0001_013809

投資用、事業用のマンションを持つと節税になるという話を聞いたことがあると思います。

そして、その大きなポイントとなるのが、減価償却です。

マンションは資産の中でも価値が大きいので、減価償却の効果は大きいのです。

ただし、マンションは構造・用途によって減価償却の期間が違います。また、マンション全体を同じ期間で償却するのではなく、構造部ごとに分けて償却することになっています。

さらに、新築か中古かによっても、償却の期間が違います。

したがって、そういったルールをきちんと押さえておく必要があります。ただ、6つのステップにしたがって処理していただけば、それほど難しいことではありません。

この記事では、マンションの減価償却の方法で必ず知っておいていただきたい6つのステップについて、分かりやすくお伝えします。

この記事で紹介するステップを踏んでいただけば、減価償却の方法が理解でき、減価償却費の計算ができるようになることと思います。ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

0

不動産管理会社で節税対策ができるしくみと注意点

PAK_FUKUOKA0I9A4536_TP_V

不動産を持っていて賃料等で大きな収益を挙げている方は、節税対策として、不動産管理会社を設立するのが有効だという話を聞いたことがあると思います。

ただ、本当にお得なのか、落とし穴はないかは気になるところでしょう。

不動産管理会社の活用は、所得税・相続税等の節税対策として非常に有効です。ただし、有効活用するには基本的なしくみを理解していただく必要があります。

また、設立するにあたり、注意していただきたい点もあります。

そこで、この記事では、不動産管理会社で節税ができるしくみと、注意していただきたいポイントについて、大づかみしていただけるように、噛み砕いて説明します。

不動産管理会社を活用しての節税対策をお考えの方は、是非最後までお読みください。

続きを読む

0

タワーマンションの節税の仕組みとメリット・デメリット

a0002_000986

まとまった資産をお持ちの方は、「タワーマンション節税」に興味をお持ちになったことがあると思います。

以前から、タワーマンションの高層階を買うと固定資産税や相続税の節税になると言われてきました。

もしも本当に節税になるならば、タワーマンションを購入したいと思うでしょう。

しかし、2018年以降に引き渡される新築マンションについては節税のメリットが薄れるとも言われています。

こうなると、いったい、何がどうなっているのか、どうしたらいいのか、分からないのではないでしょうか。

この記事では、今まで言われてきた「タワーマンション節税」のメリット・リスクについて、基本的なしくみと、2018年以降に引き渡される新築マンションについての税制改正も踏まえながら、些末な点に立ち入ることなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

タワーマンション節税をお考えの方には役に立つ内容になっておりますので、是非最後までお読みください。

続きを読む

0

ソフトウェアの減価償却方法で知っておくべき3つのポイント

a0002_001951

パソコンのソフトウェアが減価償却できるというと、なかなかイメージが湧かないと思います。

なぜなら、減価償却と言うと普通は建物や機械、車、パソコンといった形あるものをイメージするからです。

パソコンのソフトウェアは、CD-ROM等を買ってきてダウンロードしたり、ウェブ上で購入してダウンロードしたりするでしょう。

また、外注して特別に作ってもらうこともあるでしょう。

場合によっては自社で開発することもあるかも知れません。

いずれにしても、ソフトウェア自体には形はありません。したがって、減価償却と言われてもピンとこないのは無理もありません。

しかし、減価償却は、価値が減っていってしまう資産ならば何でもあてはまるテクニックです。そのため、資産に形があるかないかは関係ありません。

ソフトウェアのような形のない資産も減価償却はできます。ただし、形のあるものと全く同じように扱うことはできず、独特のルールがあります。

この記事では、パソコンのソフトウェアの減価償却の方法について、イメージしやすいようにお伝えします。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社