逓増定期保険の経理処理|キャッシュをより多く残せるしくみ

a0002_003098

逓増定期保険は、法人向けの生命保険の中でも、短期間で税金の負担を抑えながら、必要な資金を効率よく積み立てるのに役立つ保険です。ただ、本当にそんな効果があるのか気になるところだと思います。そして、どういうしくみでそうなるのか、まずは経理処理から知りたいとお考えになると思います。

しかし、本やウェブサイトで逓増定期保険の経理処理を調べてみると、多くは通達の長い文章を紹介していて理解しにくく、しかもなぜそういう扱いがされているのかもよく分からないのではないでしょうか。

逓増定期保険には「1/2損金」「1/3損金」「1/4損金」がありますが、経理上なぜそういう扱いになるのか、その時に損金にならなかった部分(「1/2損金」なら残り1/2、「1/3損金」なら残り2/3、「1/4損金」なら残り3/4)が最終的にどういう扱いになるのか理解しておくと、より有効に活用できます。

この記事では、逓増定期保険の経理処理について、最もよく活用されている「1/2損金」のタイプにスポットを当てて、イメージしやすいように分かりやすくお伝えします。なお、「1/3損金タイプ」「1/4損金タイプ」も理屈は同じと考えていただいて結構です。

この記事をお読みになれば、逓増定期保険の経理処理、そして税務について理解が深まり、より有効に活用するのに役立つと思います。

続きを読む

0

長期平準定期保険の経理処理|1/2損金で積立ができるしくみ

a0002_012127

長期平準定期保険は、経営者・役員の方に不幸があった場合に会社を救うだけでなく、20~30年くらいかけて税金の負担を抑えながら必要な資金、特に退職金を効果的に積み立てられる保険です。

また、その他にも様々な使い道があり、リスクも比較的低いと言われています。

ただ、そうは言っても、長い間保険料を支払い続けることになるので、どんな仕組みで資金が積み立てられるのか、どんなリスクがあるのか気になるでしょう。そこで、経理処理がどうなっているのか知りたいとお考えになると思います。

この記事では、長期平準定期保険の経理処理を、難しい法令や通達の文章を使うことなく、イメージしやすいように分かりやすく説明します。

この記事をお読みになれば、長期平準定期保険の経理処理、ひいては税務について理解が深まり、最もあなたの会社に合った保険を選び、有効に活用するのに役立つと思います。

続きを読む

0

終身保険の経理処理からみた法人加入のリスクとデメリット

会社経営者の方で、終身保険の法人契約をご検討されている方は、貯蓄の機能にメリットを感じていらっしゃることと思います。そして、念のため、終身保険の経理処理や税務について確認しようとお考えだと思います。

実は、終身保険の法人契約は、経理処理や税務上の扱いをみると、メリットが少ない商品と言わざるをえず、おすすめできません。むしろ他の保険商品の方がメリットが大きいのです。

この記事では、いかに終身保険の法人契約のリスク・デメリットが大きいか、経理処理・税務上の扱いから検証します。そしてそのうえで、よりリスクが少なく効果も高い他の選択肢について説明します。

終身保険の法人契約をご検討中の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

0

終身保険は危険!法人が加入するとき4つのデメリット

終身保険

この記事をお読みの経営者の方は、保険の営業マンから終身保険への法人加入を勧められているのではないでしょうか。その時、「保険料を支払い終わった後で解約返戻金を受け取れば銀行預金よりも率が良い上に、いざという場合には死亡保険金を受け取って保障も受けられる」という売り文句をお聞きになったかも知れません。

確かにこの言葉自体は、あながち嘘とまでは言い切れません。実際、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりと、メリットが大きいものです。しかし、法人加入の場合、個人加入と同じように考えてはいけません。保険料や解約返戻金の会計上の扱いを考えると、実は終身保険はむしろデメリット、リスクが非常に大きいのです。強いて言えば、終身保険を敢えて活用するメリットがあるのは、死亡保険金で事業承継対策をする場合だけです。私は、終身保険を法人に対して敢えて勧めてくる営業マンの多くが、終身保険のリスクをどの程度理解しているのか、疑問だと思っています。

この記事では、終身保険のメリットとデメリット、特にデメリット4つにスポットを当てて説明した上で、メリットが生きる活用法をお伝えします。

続きを読む

0

経営者必見!法人保険の保険金の限度額3つのポイント

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_onajiyounamadonobiru-thumb-1000xauto-12813

法人で生命保険を検討するときに「いくらまで」加入できるのか考えたことはありませんか。

実際に、経営者の方が法人保険を活用して、退職金の準備や事業保障を確保するときに加入できる生命保険の保険金額は思っている以上に大きなものとなることもあります。

ただ単に生命保険に加入の限度があるということだけならば、なにも問題はないのですが、会社として備えたい保険金額をより多く確保しなければならないときや、法人保険を活用してお金を貯めていくときなどには、これからご紹介するポイントを知っておかないと思うように法人保険に加入できなくなってしまうこともあります。

わかりやすくポイントをまとめましたので、是非最後まで読んでいただければと思います。

また、最後にはより多くの保険料を損金算入させながら会社の資産を増やしていきたい向けに、ちょっとしたテクニックもご紹介いたしますので是非参考にしてください。

続きを読む

0

養老保険の保険料の「全額損金」・「1/2損金」の違い

養老保険 損金

養老保険に法人加入すると保険料が損金に算入できるという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、養老保険は契約内容によって全額損金タイプ1/2損金タイプに分かれ、中には1円たりとも損金算入できないものもあります。

この記事では、養老保険の保険料の全額、または1/2を損金に算入できる条件について、基本的な考え方からお伝えします。

続きを読む

0

生活障害保障型定期保険の活用のための鉄則3つ

PASONAZ160306230I9A1809_TP_V4

生活障害保障型定期保険は、よく「全額損金の保険」とか「節税商品」として紹介されます。

しかし、実は「節税商品」というのは大きなミスリーディングで、クセが強い商品である上、それなりのリスクがあり、活用方法は限られています。

ところが、そういったことを整理して説明している本やサイトはほとんど見当たりません。恐ろしいことに、法人保険を扱っている営業マンでも、「全額損金=節税」という点だけを売りにして販売している人がいたりします。

この記事では、生活障害保障型定期保険の活用を考える上で是非知っておいていただきたいメリットとデメリットを踏まえた上で、絶対に守るべき3つの鉄則について説明します。

生活障害保障型定期保険の活用をご検討の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

0

遺留分にご用心!|絶対に知っておきたい3つの対策

遺留分

不動産や株式等の遺産の相続について考えていると、「遺留分」という言葉にぶち当たることと思います。

たとえば、遺産の分け方を決めるため弁護士等の専門家に相談すると、必ず「遺留分を侵害しないように」とのアドバイスを受けることになります。

遺留分は、簡単に言えば、相続人の最低限の取り分です。

いくらあなた自身の財産の処分が自由だからといっても、遺留分を侵すことは許されないのです。

特に、資産の大部分が不動産の方や、事業用財産・自社株を全て跡取りに引き継がせたい方にとっては、遺留分は絶対に忘れてはならないことであり、悩みの種でもあります。

この記事では、遺留分を侵害してしまったらどんな悲惨なことになるかということと、遺留分の対策としてぜひとも押さえておいていただきたい3つの方法について、分かりやすくお伝えします。

続きを読む

0

会社にかかる税金(法人税等)の支払時期と注意点

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

会社が事業活動を行う上で、税金の支払いが資金繰りを圧迫しないようにすることは大変重要です。

法人税や消費税等は支払時期が決まっているので、納税のための資金を予め準備しておかないと、資金繰りに支障をきたしかねません。

しかも、期限までに支払ができないと、延滞税や加算税を支払うはめになることがあります。

そこで、この記事では、法人に課される税金のうち、特に重要な4種類(法人税、消費税、所得税、固定資産税)の支払時期について、整理して分かりやすく説明します。納税資金の準備、資金繰りの計画に役立てていただければと思います。

続きを読む

0

法人保険の見直しで無駄をなくすために必要な5つの手順

a0002_007150

あなたは、法人保険に加入する際、税理士の先生や保険会社の営業マンから「節税ができるよ」と勧められて入ったことと思います。

しかし、その保険は、あなたの会社のニーズに本当に合ったものでしょうか。実は、彼らから勧められて入った保険が良くなかったというケースは非常に多いのです。

なぜなら、税理士の先生は、税務のエキスパートではありますが、保険の商品に関しての知識は豊富というわけではありません。

また、保険会社の営業マンは、税務のことをきちんと知っているとは限りません。

そこで、この記事では、法人保険の見直しをご自分でするときに必ずやっていただきたい5つの手順をお伝えします。ぜひ、お手元に紙とペンを用意してご覧ください。

この記事でお伝えする通りにしていただけば、今の保険が会社に合っているかどうかが何となく分かるようになると思います。

続きを読む

0
運営元


保険の教科書は
ファミリーコンサルティング株式会社が
運営しています。


HP:ファミリーコンサルティング株式会社