受託者賠償責任保険とは?対象となる会社と補償内容

2ed3f54c47a8270b62b086d0dbbaf70e_s

受託者賠償責任保険とは、会社がお客様からお預かりした品物を誤って「壊してしまった」「汚してしまった」「紛失してしまった」「盗まれてしまった」等のため損害賠償責任を負った場合に、保険金が受け取れる保険です。

全ての業種が対象となる保険ではなく、倉庫などで品物を保管することを専門としている会社や、展示場やホテルなどで一時的にお客様の荷物をお預かりするような業務がある会社に対する保険となっています。

この記事では、受託者賠償責任保険について

  1. 加入できる会社
  2. 対象となる事故の範囲
  3. 保険金を受け取れる場合と受け取れない場合
  4. 受け取れる保険金の種類

の3点を中心に、分かりやすく解説させていただきます。加入の対象となる事業を営まれている経営者の方にお役に立つ内容となっておりますので、是非、最後までお付き合いください。

続きを読む

法人自動車のフリート契約とは?そのメリットと注意点

miyazakiDSC_0014_TP_V

自動車保険を法人で掛けるときには「フリート契約」という契約形態があるのをご存知でしょうか。

「フリート契約」は、10台以上に自動車保険を掛ける場合、自動的に、1台ごとにではなく法人単位で一括して契約することになるものです。

フリート契約には、事務の効率化や保険料の割引等の面で、一般の自動車保険の契約(ノンフリート契約)にはないメリットがあります。ただし、事故を起こした場合、その程度によっては、かえって保険料が割高になってしまうなどの注意点があります。

この記事では、自動車保険の「フリート契約」について、一般の自動車保険契約(ノンフリート契約)と比べたメリットと、活用上の注意点についてお伝えします。是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

生産物賠償責任保険とは?誰でも分かる中身と使い方

AME_kemurintanabiku_TP_V

生産物賠償責任保険(PL保険)という聞き慣れない保険があります。どういうものか、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

しかし、そういうあなたも、「製造物責任」という言葉ならばたまに聞いたことがありますでしょうか。

生産物賠償責任保険は、大雑把に言えば、この製造物責任を負ってしまった場合に、損害賠償金の額を補償してもらえる保険です。そして、「製造物責任」とは、製品の欠陥のせいで他人の身体・財産に害が生じたら、その製品を作った業者が責任を負いなさいということです。

この記事では、生産物賠償責任保険(PL保険)について、必ず押さえておいていただきたいことを、分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、生産物賠償責任保険について基本的なことが理解でき、また、他の保険との組み合わせ方や使い分け方がお分かりになると思います。どうか最後までお読みになってください。

続きを読む

小規模企業共済とは?誰でもわかるメリットとデメリット

OOK151107010I9A8224_TP_V

「小規模企業共済って、名前だけは耳にしたことがあるけれど、どんな内容なのだろう…?」「節税に良いって聞くけれど、具体的にどんな効果があるのだろう?」

この記事を検索された方は、そんな気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか?

小規模企業共済は、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営をしています。掛金の支払い時と、受取り時に節税になるメリットがあり、個人事業主の方の退職金準備には非常に有効な手段です。ですが、もちろん良いことばかりではありませんから慎重に選ぶ必要があります。

今回は、そんな小規模企業共済のメリット、デメリットについて分かり易くお伝えしていきます。

続きを読む

業務災害補償保険とは?社員のケガと会社の労務リスクに対する備え

ce2341545acd8206f151c8d4d15a441a_s

製造業や建設業、また運送業などの経営者の方であれば、業務中の事故による役員や社員のケガに対する補償について、一度はお考えになったことがあるかと思います。

業務災害補償保険は、法人保険の中でも業務中のケガに対する補償を行うものです。また、損害賠償責任なども対象となります。ただし、病気が原因の場合はほぼ対象外となります。

保険の分野としては自動車保険と同じ損害保険にカテゴリーされます。

不慮の事故は、いつ何時起こるか分かりませんから、従業員の労災リスクに備えることは会社を守ることになるので、たいへん重要なことではないでしょうか?

この記事では、業務災害補償保険の

・主な補償内容と特約
・保険料と補償の対象者
・損金算入と保険期間

の3項目に分けて、解説をしてまいります。簡単ではありますが、労災についても触れております。

続きを読む

建設工事保険とは?カバーする範囲に関する基礎知識

PAK89_koujigenba1321_TP_V (1)

建物の建築工事や設備工事に事故のリスクはつきものなので、もしもの時に備える必要があります。

そこで、建設業を営む方は、「建設工事保険」への加入を検討されることと思います。

しかし、「建設工事保険」という名前は漠然としていて、どんなものなのか、なかなかイメージが持てないと思います。

実は、建設工事保険は、工事中の全ての事故をカバーしているわけではありません。あくまで、工事の対象物等の「モノ」に発生した損害をカバーする保険です。それを理解した上で加入していただく必要があります。

また、その上で、足りない部分については別途、必要に応じて他の保険をプラスする必要があります。

この記事では、建設工事保険がカバーするのはどのような損害なのか、カバーできないものについてどうすればいいのか等について、ごく基本的なことをお伝えします。

続きを読む

請負業者賠償責任保険とは?必ず知っておきたい基礎知識

a0960_006397

工事現場や建設現場で事故が起きて損害賠償責任を負う場合に備え、請負業者賠償責任保険を検討しているのではないでしょうか。

請負業者賠償責任保険は建設業者を初め、工事を請け負う業者は必ず加入しておくべきものです。ただ、実際にどこまで保障をされるのか、逆にどういう場合に保障をされないのかなど、イメージしにくいと思います。

そこで、この記事では請負業者責任保険の基本的なことの中でも、特に、必ず知っておかないといけないことをお伝えします。是非参考にしてください。

続きを読む

自社株の相続について経営者が考えるべきことまとめ

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

経営者にとって、自社株をどのようにスムーズに、後継者に相続するかは、非常に重要な問題です。もし、ここでミスをしてしまうと、それこそ会社を乗っ取られたり、倒産したりする可能性すらあります。

また、相続についても、家族に対して不均等な財産の分け方をすると、後々のトラブルの元にもなりかねません。

経営は戦いですし、家族といえども、それぞれ各々の事情があります。人間である以上、こればかりは仕方ありません。大切なことは、その前提の上で、どのようにスムーズに相続を実現することです。

今回は、そのために知っておくべきことをご紹介します。

続きを読む

経営者保険|会社とあなた自身と後継者のための4つの活用法

a1620_000827

経営者の方は、生命保険等をご自身にかけるとどんなメリットがあるのか、知りたいとお考えになっていると思います。

経営者の方の悩みとしてよくうかがうのは、会社の経営を安定させ会社を守ることと、リタイア後の生活の安心を確保することと、後の世代にスムーズにバトンタッチすることです。

会社の経営には浮き沈みがあります。今は好調でも将来はどんなことがあるかは分かりません。そのため、理想としては、今ある利益を先送りして必要な時に必要なキャッシュを引き出せるようにしたいと考えるでしょう。

また、難しい舵取りをしながら、リタイア後の生活資金も退職金等の形で積み立てなければなりません。

そして、できれば、次の世代が会社を引き継ぐ時の相続税等の負担を軽くしてあげたいとも考えることでしょう。

そんな時、経営者の方のための保険、経営者保険が役に立つことがあります。保険の果たす役割は、経営者の方の身に万一があった場合に会社を守れるだけではありません。

そして、経営者保険の使い方には一定のルールがあります。また、経営者保険の前に活用していただきたいものもあります。

この記事では、会社と、あなたご自身と、そして、いずれ経営を引き継いでもらう後継者の方のための経営者保険の活用法をお伝えします。その中で、保険以外の有効な代替手段についてもご紹介します。

また、弊社が現在進行でコンサルティングをしている法人のお客様の事例をお伝えします。是非、ご参考にしていただけたらと思います。

続きを読む

法人の節税・節約の3つの裏ワザとそのリスクについて

49150187_480x480

中間申告や予定納税を支払うときに、「なんでこんなに税金を支払わなければならないのだろう」と思うことはありませんか。

法人税・消費税・所得税・住民税そして社会保険料など、国へ支払う費用が多くて気が滅入ってしまい、「何かよい節税の裏ワザはないか」と考えてしまいますよね。

納税は国民の三大義務ですが、本来支払わなくてもよい税金や社会保険を余計に支払うことはありません。

適正な処理を行い、ルールに則って支払う税金を軽減することは何も問題はありません。

しかし、節税のつもりが、節税を追求しすぎてしまい、租税回避や脱税になってしまうこともあります。

この記事では、節税で裏ワザと呼ばれている方法を3つご紹介しますがその危険性までご説明しますので、是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む