相続税最大80%割引!これだけは知っておきたい小規模宅地等の特例

721f274be32381457f22b244083d4483_s

あなたは、土地にかかる相続税を最大80%まで安くすることができる「小規模宅地等の特例」という制度をご存知でしょうか。

特に都心部など地価価格が高額な地域にお住まいの方の場合、多額の税金が発生し、大きな負担になることも考えられます。現に、国税庁の調査によると平成27年1月から相続税の基礎控除の額の引き下げに伴い、相続税を支払う人の割合は約2倍に増えています。

相続税の中でも、土地にかかる税金は高額になることがありますので、あなたが小規模宅地等の特例が使えるかどうか知っておけば、ムダな税金を払わずに済むかもしれません。

そこで、この記事では

  • 小規模宅地等の特例の土地3タイプ
  • 小規模宅地等の特例で対象となる具体的なケース

について、ご案内させていただきます。

「小規模宅地等の特例」という制度について、初めての方にも分かりやすく説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

続きを読む

ファイナンスリースとは?活用のメリットと経理処理のポイント

c1d8f509d300f551384931373d8b9e70_s

あなたは、事業用資産について、ファイナンスリースの活用をお考えになっていることと思います。

ただ、どんなメリットがあるのか、会計処理はどうなっているのか、よく分からないのではないでしょうか。

ファイナンスリースは、一応は物件をお金で借りるという形をとっているが、実質は分割払い購入と同じものを言います。金融の手段として便利なので、広く行われています。

ただし、「所有権移転ファイナンスリース」と「所有権移転ファイナンスリース」の2つのタイプがあり、区別がよくわからなくなっています。また、会計処理の違いについても、若干イメージしにくいところがあります。

そこで今回は、ファイナンスリースについて、基本的なしくみと、これを事業活動に活用するメリット、経理処理のポイントを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

中小企業退職金共済で従業員の退職金を準備するメリット・デメリット

a0001_016527

この記事をお読みの経営者の方は、従業員の退職金制度を整備するのに、中小企業退職金共済の活用をお考えのことと思います。

中小企業退職金共済は、掛金が全額損金扱いなので、会社の税負担が軽くなります。

また、何事もなければ、着実に、支払った掛金よりも多くの額の退職金を準備することができます。つまり、会社が掛金を減額せずに支払い続け、従業員が一定期間勤務した後で退職するという前提の下に制度設計がされています。

しかし、逆に言えば、イレギュラーな事態に弱いということでもあります。

また、従業員の退職金準備に特化した制度なので、融通が利かない面もあります。

そこで、この記事では、中小企業退職金共済を活用するメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。

続きを読む

法人化するならどのタイプ?法人4タイプの種類別活用法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-11-PAK86_machinamiwomiorosu1145500-thumb-1000xauto-3819

個人事業主の方が法人化(法人成り)する場合、「株式会社」「合名会社」「合資会社」「合同会社」のどのタイプを選ぶのかという問題が出てきます。

どうやったら事業資金を集めやすくなるか?発言力はどの程度維持できるのか?ということが、法人の種類を選ぶ時に重要なポイントです。

この記事では、法人成りを考えている個人事業主の方のために、4種類の会社のタイプのそれぞれの違い、メリットとデメリットについて、分かりやすく説明します。

なお、株式会社については、社長(取締役・代表取締役)が唯一の株主となっている会社か、株式の大部分を握っている小規模の株式会社を念頭におくものとします。

続きを読む

全額損金で節税は危険!生活障害保障型定期保険の活用のための鉄則3つ

PASONAZ160306230I9A1809_TP_V4

生活障害保障型定期保険は、よく「全額損金の保険」とか「節税商品」として紹介されます。

しかし、実は「節税商品」というのは大きなミスリーディングで、クセが強い商品である上、それなりのリスクがあり、活用方法は限られています。

ところが、そういったことを整理して説明している本やサイトはほとんど見当たりません。恐ろしいことに、法人保険を扱っている営業マンでも、「全額損金=節税」という点だけを売りにして販売している人がいたりします。

この記事では、生活障害保障型定期保険の活用を考える上で是非知っておいていただきたいメリットとデメリットを踏まえた上で、絶対に守るべき3つの鉄則について説明します。

生活障害保障型定期保険の活用をご検討の方は、是非参考にしてください。

続きを読む

レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみと活用法

TSUCH160130520I9A6560_TP_V4

あなたは、節税の効果のある投資商品としてレバレッジドリースに興味をお持ちのことと思います。

ただ、どんなしくみなのかイメージが湧かず、手を出して良いものか分からないのではないでしょうか。

レバレッジドリースは、簡単に言えば、みんなでお金を出し合ってモノを購入し、貸し出す事業をするしくみです。そして、事業で出た損失が、節税につながるのです。

この記事では、レバレッジドリースによる節税の基本的なしくみを分かりやすく説明します。そして、どんなケースで活用するのが効果的なのか、2つのケースについて簡単にお伝えします。

続きを読む

決算で利益の80%を一気に経費化!?オペレーティングリースの活用法と選び方

SAYA072160011_TP_V

あなたはオペレーティングリースという言葉と、そのしくみを使った節税をご存知でしょうか。

まだそれほど広く知られてはいませんが、事業で単年度に突発的に大きな利益が出てしまった場合、節税対策に大いに役立ちます。そして実際に、オペレーティングリースを利用した節税スキームが投資商品として売り出されています。

ただ、どんな商品でも良いわけではありません。決定的に重要なのは商品の選び方です。しかし現状、オペレーティングリースを活用した節税対策のしくみや注意点について、きちんと分かりやすく説明している本やウェブサイトは非常に少ないです。

そこで、この記事では、オペレーティングリースを活用した節税について、基本的なしくみ・メリットと、失敗しないための選び方のポイントをお伝えします。

続きを読む

相続税の計算方法|マスターするための5つのステップ

-shared-img-thumb-PPU_huruioyashiki_TP_V

あなたは、相続税対策をするために、まず、相続税の基本的な計算方法を知りたいと思っていることと思います。しかし、複雑で分かりにくいと感じているのではないでしょうか。

たしかに、相続税の計算方法はやや複雑です。しかし、5つのステップに整理して、どこの話をしているのかということを見失わないようにすれば、ある程度整理して理解することができます。

この記事では、細かい枝葉の話に入るのを極力避け、具体例を用いて、相続税を計算するうえで最低限、是非とも押さえておくべき5つのステップについてすっきり整理して説明します。

続きを読む

経営者ならば絶対に知っておくべき!法人税の計算方法

法人税 計算

経営者の皆様から、よく、「税金対策を経理担当者や税理士だけに任せておきたくないが、そもそも法人税のしくみが分かりにくくて困っている」といった声をお聞きします。

確かに、法人税を知ろうとすると、「資本等取引」「減価償却費」「貸倒引当金」「繰越控除」・・・などなど、いかつい用語やテクニカルな概念がたくさん登場します。しかも、本やインターネットで調べようにも、複雑な図や表や計算式が出てきたりして、どうすればいいのか分からなくなってしまっているのではないでしょうか。何を隠そう、私も同じ思いをした経験があります。

しかし、実は、法人税法は一見とっつきにくそうですが、基本的なところをきっちり押さえておけば、そんなに難しいものではありません。

そこで、この記事では、法人税の計算方法についてのごく基本的なことをピックアップして、特に、とっつきにくいものをイメージしやすく噛み砕いて説明します。

この記事を読んで理解すれば、経理担当者の方や税理士と法人税の話ができるようになり、主体的に税金対策にかかわっていけるようになるはずです。一度に全部が理解できなくても大丈夫です。とりあえず全体をおおまかにとらえるつもりでおつきあいください。

続きを読む

オペレーティングリースの基本的な仕組と事業活動に利用する3つのメリット

a0001_000699

事業者の方は、事業用の機械等の資産をリースでまかなうことが多いと思います。そして、リースには大きく分けて2種類、「オペレーティングリース」と「ファイナンスリース」があります。

このうちオペレーティングリースは、お金を払って資産を貸してもらって使い、後で返すという最もオーソドックスなものです。

資産を買わず、低いコストで資産が使えるなどのメリットがあります。また、会計処理も非常に簡単です。

今回は、オペレーティングリースについて、基本的なしくみと、これを事業活動に活用するメリットを分かりやすくお伝えします。

続きを読む