個人情報漏えいへの対策とリスクへの備えで知っておきたいこと

a0001_001891

あなたは、自分の会社がお客様の個人情報の漏えい事故を起こしてしまったらどうなるか考えたことがありますでしょうか?

実は、私は昨年10月に個人情報漏洩の被害に遭いました。どういうことかというと、私が利用している住宅ローンの代理店で不正アクセスがあり、勤務先、年収、引き落とし口座、住所等の情報が含まれるメールが転送されたそうです。他にも述べ37,000人ほどの情報が漏れたそうですが、幸いにも、今日までに不正利用された事実はないとのことです。

しかし、口座情報が漏れると預金が不正に引き出されてしまうリスクがあります。しかも、勤務先や年収が漏れるとクレジットカードが不正に発行されてしまうリスクがあります。

あなたの会社でもしもそのような事態になったら、お客様から損害賠償を請求されることになります。それだけでなく、一旦個人情報を漏えいさせてしまうと、企業のイメージが大きく傷つき、売上の大幅ダウンにつながってしまう可能性があります。

個人情報の漏えい事故は、漏洩させてしまった業者の側にとっても、漏えいされてしまったお客様の側にとっても、大きなダメージになってしまうのです。

個人情報の漏えいの原因は何か、どんな被害が発生するか、また、漏えいを予防する対策や、万一起きてしまった場合に備える保険の内容について、実例を交えてお伝えします。ぜひこの機会に正しい知識を身に付けて、対策を実行してください。

続きを読む

工場火災のリスクと備え|被害が大きくなるしくみと火災保険の重要性

a0002_010273

工場の火災というのは、住宅が燃えるのとは比べものにならないくらいの被害が発生します。なぜなら、燃えやすいものや爆発の危険性があるもの、風向きによっては延焼の恐れもあるからです。記憶に新しいところでは、2017年2月に発生した、オフィス用品を扱う大手ネット通販業者の物流センター火災があります。この火災事故は鎮火までに10日以上かかり、損害額は100億円以上になったと発表されました。この会社の前年度の営業利益は85億円ですから、およそ1.2倍もの特別損失が出てしまったのです。これだけを見ても、その被害の深刻さが窺えます。

ただし、火災保険等から46億円程の保険金が支払われたとも発表されています。ですから、実質的に被害額を54億円にまで抑えることが出来たのです。

火災が発生すると、工場の建物や商品在庫、機械などの什器はもちろん使えなくなるでしょう。その他にも、近隣住民への対応や売上高の減少など間接的な損害が発生します。

そして、残念ながら、工場火災の被害は、防火設備を充実させるだけでは完全には防げないのです。したがって、事業用の火災保険に加入されることを強くおすすめします。

今日は、工場火災が発生した場合にどのような損害が発生するのかということと、その損害をカバーするための事業用火災保険の重要性について、分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

食中毒に備える保険|あなたの店を3つのリスクから守るために

4159bbd06468be6ae82b7c08e2e03104_s

飲食店で食中毒が発生してしまったら、どんなことが起こるか?皆さんは、そういう万が一の事態に備える保険についてお調べになっていて、この記事にたどり着いたことと思います。

食中毒を起こしてしまうと、お客様へ多大なるご迷惑をおかけしてしまうだけでは済みません。賠償責任や見舞金などの費用がかかり、さらに営業停止などの指導を受けると当面の売上がダウンするだけでなく、その後の店舗経営に致命的なダメージを与えることもあります。

経営者の方は、そういったことのないよう現場の管理監督に力を注いでいらっしゃることでしょう。それでも事故のリスクは0にはできません。そこで、この記事では飲食店の経営者である皆さんが食中毒のリスクに備える保険について解説してまいります。

店舗で食品を提供する飲食店の経営者だけでなく、仕出し弁当を取り扱う業種の方、加工食品業者の方、ホテルや旅館で食品を提供する方など、食べ物を取り扱う全ての業種の方にお読みいただきたいと思います。

続きを読む

PL保険はなぜ必要?思わぬ賠償リスクからあなたの会社を守るための基礎知識

IMARIP0I9A6997_TP_V

経営者の方は最近よく、「PL保険に入った方がいいですよ」と言われることがあると思います。ただ、聞き慣れない名前だし、いまいちピンとこないのではないでしょうか。

PL保険(生産物賠償責任保険)は、作ったモノや仕事の結果に欠陥があったことによってお客様等に損害を与えてしまった場合の賠償責任をカバーしてくれる保険です。

このように書くと、飲食業や製造業、建設業等、とにかく「モノ」を「作る」ことを仕事とする業種に限って必要のように思われるかもしれません。もちろん、それらの業種であれば必要不可欠と言っていいでしょう。

しかし、実際には、モノを作る業種だけではなく、かなり広範な業種の会社にとって必要な保険です。しかも、保険料が低いので、加入しておくと、思わぬピンチが起きた時に損害を最小限に抑えてくれる便利な保険です。

この記事では、PL保険(生産物賠償責任保険)について、あなたの会社に必要なものかどうか、基本的な補償内容がどんなものか、そして、どのようにプランニングをしたら会社のリスクをしっかりカバーできるかを、分かりやすくお伝えします。是非、最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

総合賠償責任保険とは?必ず確認しておきたい補償範囲と基礎知識

a0960_000106

総合賠償責任保険と聞いて、具体的にどういう補償内容なのかイメージできる方は、あまりいらっしゃらないと思います。

本来、「賠償責任保険」と呼ばれるものは様々な種類があります。それらは損害賠償を負うケースごとに設計がされています。しかし、あなたの会社の損害賠償のリスクを一種類の「賠償責任保険」だけでカバーしきれることは稀です。最悪の場合、損害賠償責任を追及されて初めて「保険に入っておけばよかった」ということになってしまうかも知れません。

そこで思いつくのが、もし企業が抱える典型的なリスクをセットにしてある「賠償責任保険」があればいいなあ、ということではないでしょうか。

総合賠償責任保険は、そういうあなたのニーズに答える保険です。ただし、補償内容が100%全ての会社のニーズにマッチしているわけではありません。したがって、基本的な中身を理解した上で、総合賠償責任保険を選ぶのかどうかを考える必要があります。

この記事では総合賠償責任保険について、具体的にイメージしていただけるように基本的なことから説明しようと考えています。どうか最後までお読みになってお役立てください。
続きを読む

個人事業を法人化するのに必ず知っておきたい10のメリットと5つの注意点

個人事業主 法人化(オリジナルサイズ)

個人事業を営まれていると、一度は「法人化すべきなのか」と考えますよね。しかし、法人化したらどんなメリットがあるのか、あるいは何か落とし穴がないのか、というのがなかなか見えず、気になるのではないでしょうか。

実は、すべての個人事業主の方に法人化をおすすめできるわけではありません。向き不向きがあります。

法人化することの最大のメリットは、個人事業主と比べて、お金を管理するための方法が広がることです。それはたとえば、資金調達がやりやすくなったり、節税の方法の幅が広がったり、退職金や福利厚生を充実させられたりといったことです。

しかし、いくらメリットがあっても、コストパフォーマンスが悪ければ、法人化はおすすめできません。たとえば法人化するのも法人を維持するのもそれなりのコストがかかります。また、個人事業主だと経費にできるものが、法人だとできなくなったり制限されたりします。それらの点を考えてもなおメリットの方が大きいのであれば、法人化をおすすめできるということです。

この記事では、個人事業主の方が法人化を検討する上で是非とも押さえておいていただきたいメリットと注意点をしっかりとお伝えしますので、是非最後までお読みになってお役立てください。

続きを読む

取引信用保険とは|加入のメリットと中小企業倒産防止共済との使い分け

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V

取引信用保険は、あなたの会社の取引先が倒産してしまった場合に、あなたの会社を守るための保険です。

もしも代金の支払いが滞るような取引先があった場合、あなたの会社はそれに耐えうるだけの十分な資金がありますか?取引先の倒産は、どんなに健全な経営をしていたとしても起こりえます。

特に中小企業の場合、大口取引先の倒産は致命傷になってしまうのではないでしょうか?何があってもびくともしないほどの潤沢なキャッシュが確保出来ている会社は、そう多くはないでしょう。最悪の場合、資金繰りがショートし、共倒れしてしまうかもしれません。

このような場合に「取引信用保険」は、取引先の倒産等で回収困難となった売掛金等を補償してくれます。

ただし、似た目的の公的な制度として「中小企業倒産防止共済」もあるので、違いを押さえた上で賢く使い分けることをおすすめします。

今日は、取引信用保険のメリットをお伝えします。その上で、類似の制度である中小企業倒産防止共済との使い分けについてもわかりやすく解説していきます。

続きを読む

飲食店の保険|4つのリスクに備えるために必要な補償

PAK21_bistroQtableset_TP_V

飲食店を経営されている方から、よく、どんな保険が必要なのかというお問い合わせをいただきます。飲食店を経営する上では数々のリスクがありますが、最も思い付きやすく、恐ろしいのが、ノロウイルスなどの食中毒ではないでしょうか?

ただし、飲食店のリスクは他にもあります。お客様にケガをさせてしまったり、火災等が起きてしまったり、不意なアクシデントで休業を余儀なくされたりするリスクです。

あなたのお店は、このような場合に備えた十分な対策をとっていますか?異物混入や従業員の勤務態度、クレーム対応による口コミは飲食店経営にとって大きな影響があります。これらは、売上に直結しますし閉店を余儀なくされることもあります。

今日は、飲食店を営む上で想定される4つのリスクと、それをカバーできる保険についてご紹介していきます。

続きを読む

逓増定期保険で必ず知っておきたい税務の仕組み

4f6777e6ba7a152dce904f74c4672938_s

法人のお客様がよく活用される保険の1つに逓増定期保険があります。

逓増定期保険を活用する目的は、保険料が損金算入される特徴を生かして会社のキャッシュを最大限に活用することでしょう。大企業でも中小企業でも、ムダな税金を支払いたくないという点は共通していると思います。

しかしながら、逓増定期保険の税務に関する仕組みを理解しないままで加入してしまうと、思い描いていたようなメリットを活かしきれません。そればかりか、逆に会社のキャッシュフローを圧迫してしまうことになりかねません。

そこで、この記事では、逓増定期保険の税務処理に関する注意点について

  • 保険料を支払っている時
  • 解約返戻金を受け取った時
  • 保険金を受取った時

の3つの段階に分けて、順に分かりやすく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

続きを読む

歯科医師賠償責任保険とは?知っておきたい2種類の補償内容

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

歯科医師の方であれば、加入しなければならない保険として、「歯科医師賠償責任保険」という保険の名前を聞いたことがあると思います。しかし、一般的な保険ではありませんし、どういう場合の賠償責任を補償してもらえる保険なのか、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

歯科医師賠償責任保険は、大雑把に言えば、医療業務を行う中で起きた事故と、医院の施設の不備によって起きた事故により、患者さんに対して損害賠償を負った場合を補償してもらえる保険です。

この記事では、歯科医師賠償責任保険について、必ず押さえておいていただきたいことを分かりやすくお伝えします。

この記事をお読みになれば、歯科医師賠償責任保険について基本的なことがお分かりになると思います。どうか最後までお読みになってください。

続きを読む